PL花火大会2017の交通規制とおすすめ穴場スポットを調査!

PL花火大会は、関西で最も有名な花火大会の一つで、教祖を讃仰し、PL教団の礎を築いた初代・二代教祖の遺徳を讃える祭(教祖祭)の中の行事の1つとして行われる花火大会です。

このPL花火大会は、毎年、演出や構成が変えられ、大阪らしくド派手で鮮やかな花火で彩られ、特に、8,000発の花火が連発で打ち上げられるラストは迫力満点です。

PL花火00
http://osakaland.blog.fc2.com/blog-entry-481.html

また、「裸の大将」として有名な山下清さんがこの花火を描いたことでも有名で、

「山下清さんの花火の絵は、知ってるよ」という方は多いと思います。

その花火が、PLの花火大会だったんですよ!

手前にものすごい人の頭が描かれていますが、さすがにこんなに大勢ではないようなのでご安心を!

山下清PL花火
https://hobbytimes.jp/article/20161216e.html

2014年までは、打ち上げ場所近くに教団関係者でなくとも利用できる有料観覧場所(ローンパーク会場)が設けられていたのですが、2015年以降有料観覧場所が廃止になっています。

なので、PL花火を鑑賞しようと思ったら、場所を探さないといけません。

今年は土曜日の開催になていますので、例年以上の人の多さや、交通渋滞が予測されます。

ここでは、2017年のPL花火大会を鑑賞できる穴場スポットと、当日の交通規制についてまとめています。

Sponsored Links

PL花火大会2017詳細

 

  • 日程:2017年8月1日(土) ※雨天決行
  • 場所:光丘カントリークラブ
  • 打ち上げ時間:19時55分~20時50分頃(予定)
  • 打上数:約20,000~25,000発(予定)
  • 予想来場者数:約25万人

打ち上げ場所と最寄り駅

PL花火大会の打ち上げ開催場所は、大阪府富林市にある光が丘カントリー倶楽部の南側です。

光が丘カントリー倶楽部は、PL花火大会当日は敷地内に入ることは出来ませんので花火を見る場所を確保することが必要になります。

  • 住所:大阪府富田林市新堂2258-1
  • 最寄り駅:近鉄長野線「富田林」駅から徒歩15分

PL花火大会の交通規制

PL花火大会では、花火大会当日交通規制が行われます。

区間によって、時間帯が変わってくるのですが、早い場所は、ごごの4時から通行できなくなる道路もあります。

こちらの地図は、昨年2016年のものですが例年同じ区間で、規制されています。

2017年度の交通規制は、ぎりぎりにならないと発表されないので、新しいものが発表され次第差し替えますね。

 

PL花火大会交通規制

PL花火大会の穴場スポット

徒歩で

千代田駅から行ける高台

南海高野線の「千代田」駅から行くことができる、塔の反対側の高台である千代田台からも花火が綺麗に見えます。

会場からは離れていますが、こちらも混雑を避けられる穴場スポットです。

所在地:大阪府河内長野市

Sponsored Links

金剛山山頂

人混みをさけて花火を楽しみたいなら金剛山山頂がお勧めです。

山から花火の全景を見下ろすことができます。

行き方は2通りです。

  • 南海高野線「河内長野」駅下車 南海バス「金剛山ロープウェイ前」バス停下車
  • 近鉄長野線の「富田林」駅下車 金剛バス「千早ロープウェイ前」バス停下車

所在地:奈良県御所市高天

青葉丘病院周辺

南海高野線の「大阪狭山市」駅の周辺からも、少し遠いですが花火が綺麗に見えます。

特に青葉ヶ丘病院の横にある田んぼの周りからは、静かに花火を楽しめるおすすめの穴場スポットでもあります。

所在地:大阪府大阪狭山市東池尻1丁目2198-1

お車で

石川河川公園

石川河川公園は、花火大会会場からは少し離れたところにある公演ですが、混雑をさけてゆっくりと花火を楽しめるスポットです。

近鉄南大阪線「駒ヶ谷」駅から石川河川公園に向かうと、

所在地:大阪府羽曳野市駒ケ谷140

ゴルフ場の外周道路(府道35号線)

ゴルフ場の外周道路は、大迫力の花火が至近距離で見られるおすすめの穴場スポットです。

しかし、人気スポットで混雑する場所のため、昼過ぎには場所取りをしたほうが良いでしょう。

所在地:大阪府富田林市新堂

狭山池公園付近

狭山池公園の周辺からは、混雑せずに花火を楽しめます。

狭山池外周には歩行者用回路もあるので、当日の打ち上げ具合に合わせて見やすい位置を探してみてください。

所在地:大阪狭山市狭山2丁目付近

ユニテックスゴルフガーデン駐車場

ユニテックスゴルフガーデン駐車場は、有料駐車場になってしまいますが、200台の車が止められ落ち着いて花火を観覧できます。

営業時間も、23時00分までになっていますから、少しゆっくりと帰りの時間をずらすこともできますね。

アクセスもとってもよくて

  • 阪和自動車道の堺インターチェンジから15分
  • 南海高野線の金剛駅からは徒歩だとさすがに30分近くはかかってしまうのですが、車で5分。近くにはマクドナルドもありますから、ハンバーガって社内で花火観戦しながら食べるっていうのも良いですよ。

あと、こういった施設の最大の強みはトイレの心配のないことです!

屋外での花火観戦はとっても気持ちが良いのですが、人の多さとトイレが比例していなくて、とっても不憫なことも多いですからね。

花火観戦スポットの穴場としてはおかなりオススメ出来る場所です。

所在地:大阪府狭山市岩室3-276

まとめ

ここでは、2017年のPL花火大会2017について、交通規制や穴場スポットについて調査してみました。

今年は土曜日とかなさっていることと、交通規制も行われますから、最初からちょっと離れた穴場へ向かったほうがいいのかもしれませんね。

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

 

Sponsored Links