とらいかん(佐世保)古民家体験&Cafeの宿泊料金や申込み方法まとめ

とらいかん外観

長崎県佐世保にある『古民家体験工房とらいかん』は、もと校長先生だった柴山節子さんがオーナーの健康長寿&いきいきライフを願って作られた宿泊もできる民間の施設

そんな、『古民家体験工房とらいかん』3月24日の人生の楽園で放送されます。

この建物は、なんと築100年の古民家を改装したもので、展開する4つの事業は4つ!

生け花にクッキング、笑いヨガにクラフトバンド、と、毎月毎日沢山のとっても楽しそうなイベントやワークショップが盛り沢山で、まさにいきいきライフを送るのにピッタリです。

ここでは、『古民家体験工房とらいかん』について、宿泊料金や体験イベントのメニューや申込み方法について調べてみました。

Sponsored Links

古民家体験工房 とらいかんの基本情報

とらいかん
引用:googlemap
  • 住所:〒859-6302 長崎県佐世保市吉井町福井1017‐1
  • 電話:0956‐64‐3815

行き方・アクセス

  • 潜竜ヶ滝駅から車で4分、徒歩30分ちょっと

古民家体験工房& Cafe とらいかんの4つの事業について

とらい館3月メニュー
引用:https://www.toraikan.jp/

古民家体験工房& Cafe とらいかんでは4つの事業ごとに体験できるメニューも違っています。

  1. 軽食&Cafe
  2. 体験教室
  3. 体験民泊
  4. 施設貸切研修

気軽に参加できる単発の体験メニューの他、継続して習ったり楽しめたりするものなど、目的に合わせて選べます。

上記はちょっと小さいですが2018年3月のイベントと体験カレンダー。

1つずつ、事業内容と楽しめる体験メニューや料金をチェックしていきましょう。

軽食&Cafe

引用:https://www.toraikan.jp/

こちらは定食の一例ですが、菜の花が盛り付けてあるので、ちょうど今頃ですね。

ご飯は黒米と雑穀米でしょうか?凄く美味しそうです。

  • 日時:木・金 11:30~14:30(原則)
  • メニュー:古代米日替わり定食(デザート&コーヒー付き)
  • 料金:1080円
  • 電話:0956‐64‐3815
  • 2日前までに要予約(お電話で⇒0956‐64‐3815)

オフィシャルフェイスブックページも、イベント情報や写真などが沢山掲載されています。

体験ワークショップ

ヘルシークッキング&とらいかん市

引用:https://www.toraikan.jp/

作った後は、もちろん皆さんで試食です!

Sponsored Links
  • 日にち:原則第3土曜日:13:00~15:30
  • とらいかん市(野菜市):原則第3土曜日:15:30~
  • 料金:1,000円(材料費込み)
  • 予約はお電話で⇒0956‐64‐3815

生け花教室

引用:https://www.toraikan.jp/

生花教室では、お庭に咲く季節の花材をつかって、新池坊ほか写実盛花、感覚盛花など、いろんなアレンジが楽しめます。

日にち(原則)

  • 第3土曜日:16:00~18:00
  • 第2水曜日:14:00~16:00
  • 要望に応じて開催
  • 材料費込1,500円(季節によって変更)
  • 予約はお電話で⇒0956‐64‐3815

クラフトバンド教室

  • 日にち:原則、生徒さんの要望日
  • 料金:作るものや材料によって異なります。
  • 予約はお電話で⇒0956‐64‐3815

ヨガ教室

笑いヨガ(2回実施)

  • 日にち:第2、第4木曜日
  • 時間:10時~11時
  • 料金:1,000円/月
  • 予約はお電話で⇒0956‐64‐3815

ヨーガセラピー

  • 日にち:第1、第3木曜日
  • 時間:10:00~11:00
  • 料金:1,000円(2名様から ※1名様の場合は1,500円)
  • 食事付き料金:1,700円
  • 予約はお電話で⇒0956‐64‐3815

体験民泊

  • 随時受け入れ:ほんなもん体験
  • 料金:1泊2食でお一人5,000円(子供も同料金です)
  • 予約はお電話で⇒0956‐64‐3815

内容は、

夕方から、「材料調達・薪割り・料理体験・後片付け・就寝・朝ごはん作り」全てを自分で行い、子供達や海外の方に日本本来の文化を学び、体験の中で人との交流や思いやりを学んでいただきたいと考えています。テレビはなく、民泊の場合は携帯も禁止しています。

とのことで、食を通しての学びとともに、ざわついたにちじょうから少し離れることで、自分自身と向かい合える贅沢な時間を大変できそうです。

Youtubeに、体験宿泊の様子がUPしてあります。

子どもたちの、生き生きとした表情がを見ていると、心の底かrあ楽しんでいる様子が伺えますよ!

施設貸し切り研修

こちらは使用目的、使用時間や使用する部屋の広さにもよりますが、日中使用の場合、おおよそ1時間1,000円~。

別途、地元の食材を使ったランチを別途お願いしてもいいですよね!

  • 予約はお電話で⇒0956‐64‐3815
Sponsored Links

古民家体験工房とらいかんオープンのきっかけ

とらいかん01

古民家体験工房とらいかんのオーナー柴山節子さんは、地元長崎県で生まれ育ちました。

高校時代から教師を目指していた、柴山さんは大学を卒業後に憧れの教職に就くことができ、最初の赴任先は長崎県の五島列島。

五島の子どもたちとの触れ合いに、生きがいを感じて過ごす中、25歳で、吉井町に住む農家の長男・正俊さんと結婚。

お子さんも誕生するのですが、島から離れることができずに、ご主人の正俊さんの了解を得て単身、島の小学校へ戻り、ご主人の両親のT手助けもあって教職を続けることができました。

その節子さんは、校長職まで勤め上げて退職。

今では女性の校長先生も比較的多いけれど、柴山さんの時代の女性の校長先生って、なかなかいらっしゃらなかったですよね。

特に九州は、まだまだ地方に行けばいくほど、男女平等とは言い難く、地域とも深いかかわりを持つ先生方にとっては、一筋縄ではいかないことも多かったのではないかと思います。

そんな柴山さんが教職から退いた後に目を向けたのが、ご主人正俊さんの生まれ育った家だったそうです。

周りはのどかで農地もたくさんあります。

そんな場所にある築100年の広い古民家を利用して、地域の憩いの場を作ろうと思ったのがきっかけで、2015年にオープンさせたのが「古民家体験工房& Cafe とらいかん」でした。

柴山節子さんは、ここを訪れてくる人にとっても、地域のご近所の方にとっても、元気なお母さんのような存在です。

まとめ

ここでは、3月24日の土曜日に人生の楽園で放送される、佐世保の「古民家体験工房& Cafe とらいかん」についてまとめています。

佐世保と言うと「海の街」というイメージがとても強いところなのですが、長崎は海と山がものすごく近い距離にあるんです。

長崎市内からは離れているけれど、アメリカ海軍第7艦隊の軍事基地でもあり、市内は超ミニミニ横浜のような感じで、町並みも楽しめます。

GWに毎年行われる、有田の陶器市なども以外に近いので、「古民家体験工房& Cafe とらいかん」での体験メニューと合わせて、1日中楽しめる計画を立てても良さそうですよ!

1月末の人生の楽園で放送された松浦市のイスノキさんも、「古民家体験工房& Cafe とらいかん」と割と近いんですよ。

GWの大きなお祭りも合わせてどうぞ。

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。


人気ブログランキング

Sponsored Links