ふくろう珈琲店(滋賀県大津市)の場所は?口コミとメニューも調査

滋賀県琵琶湖そばの大津市にある自家焙煎のカフェ「ふくろう珈琲店」では、注文すると出てくるのがコーヒー豆と手挽きのコーヒーミルやサイフォン。

自分で豆をひき、サイフォンでコーヒーを淹れるという贅沢なセルフサービスカフェです。

納屋を改装した古民家風のカフェ「ふくろう珈琲店」は、ドアを開けると珈琲の香りとともにジャズの心地よい音楽が聞こえてきそうな、素敵な大人の空間。

そんな「ふくろう珈琲店」が9月8日の人生の楽園の主人公なのですが、時間の流れが急にゆっくりになりそうなとっても素敵なカフェなんです。

なのでここでは、フクロウカフェこと「ふくろう珈琲店」の行き方アクセスやメニューと口コミについても調べてみました。

Sponsored Links

ふくろう珈琲店

引用:

ふくろう珈琲店の営業時間や定休日

ふくろう珈琲店の営業日は週末のみです。

  • 住所:滋賀県 大津市 桐生 2-10
  • 電話:090-5128-8299
  • 営業日:金・土・日のみ
  • 営業時間 :AM9:00~PM18:00
  • 草津田上ICから車で10分

※軽食(ピザ及び焼きチーズカレー)の提供時間は午前11時~午後3時まで

店内もこんなに落ち着いた感じです。

コチラのツイートにあるように、冬の薪ストーブに火が入った頃、カウンター越しにのんびり雪景色を見ながらいただくコーヒー時間って、きっとすごく素敵ですよね。

メニューについて

  • ふくろうブレンド(ブラジル+コロンビアのブレンド):400円
  • みみずくブレンド(キリマンジャロ+マンデリンのブレンド):400円
  • ブラジル:400円
  • キリマンジャロ:400円
  • マンデリン:400円
  • モカ:450円
  • ハワイコナ:700円/1000円
  • ブルーマウンテン:7400円
  • 紅茶(アールグレイorダージリン):400円

ふくろう珈琲店で飲むコーヒーは、量り売りもしてくださいます。

自家焙煎のため、事前予約が必要です。

店名にもなっている「ふくろうブレンド」が気になりました!

引用:食べログ

珈琲の他に、オーナ手作りの石窯で焼いたピザや焼きカレーもあり、こちらもとっても美味しそうなんですよ!

  • モーニングセット:500円
  • ピザトースト:700円
  • ピザセット:1000円

ふくろう珈琲店の行き方アクセス

●草津田上ICから車で10分

●草津田上ICから車で10分

というと、簡単に行けそうですが、ちょっとわかりにくいです。

県道108号線を川の手前(和彩まるまたを超えてすぐ)を右折⇒車で2分ほど先を、右斜めに下る。

上空から見てみると、右下に下ってすぐに鋭角に右折。

この路地が車1台分やっとの感じです。

口コミ

View this post on Instagram

 

初めてのサイフォン ・ ちゃんと出来るかドキドキ お湯がブァーッて上がってきて また下がる。 砂時計で測るのも玄人っぽい ・ 楽しい時間と とっても美味しい珈琲でした ・ ・ #ふくろう珈琲店 #サイフォン

Sponsored Links

Chie Kabataさん(@paulownia214)がシェアした投稿 –

ふくろう珈琲店オープンのきっかけ

引用;人生の楽園

京都府出身の「ふくろう珈琲店」オーナーの浦谷裕隆さんは、高校卒業後、働きながら大学の夜間部に通い、教員の道へすすみ、30歳の時に奥様の幸江さんとご結婚。

お2人の息子さんにも恵まれ、定年が近づいた50代になった頃、退職後の生活について考えるようになったそうです。

きっかけは、あるテレビドラマを見始めてから。

舞台となった、ゆったりとした時間が流れる喫茶店に心を奪われ、いつしか自分もそんな店を開きたいと思うようになったそうです。

奥様の幸江さんも裕隆さんの熱意に賛同し、一緒に喫茶店巡りを始め、理想の店のイメージを固めた裕隆さんは、幸江さんの実家で使っていた納屋で珈琲店を営むことを決意し、の改築をスタート。

そうして、2014年1月にオープンしたのが『ふくろう珈琲店』でした。

お店が忙しい時には、幸江さんや次男の源二郎さん(28歳)も手伝いに駆けつけてくれるそうで、「ひたすら夢を追いかける人間になってしまった」と笑う浦谷裕隆さんですが、こんな素敵な夢を実現させる人生が素敵だなっと思うのでした。

Sponsored Links

まとめ

ここでは、滋賀県大津市にある「ふくろう珈琲店」の行き方アクセスやメニューと口コミについても調べてみました。

営業日や営業時間が限られているので、注意してくださいね。

  • 営業日:金・土・日のみ
  • 営業時間 :AM9:00~PM18:00

番組を見ていて、平日朝のコーヒーは電気式式のコーヒーメーカーに任せるとしても、休日くらいゆっくりとサイフォンで立てたコーヒーを飲めるような、贅沢な時間やこころの余裕をもちたいなと思いました。

インテリアにもなるコーヒーミルやサイフォンが急に欲しくなりますね!

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

2018
人気ブログランキング

Sponsored Links