北上展勝地は岩手県が誇る桜の名所で、、東北でも有数の桜の名所として知られており、「さくらの名所100選」「みちのく三大桜名所」に数えられています。

その北上展勝地では2019年もさくらまつり開催されるのですが、目玉は満開の桜の下を観覧馬車にのって楽しむことが出来るというもの!

桜の見頃も、関西や関東に比べて1ヶ月ほど遅い4月の中頃から5月中旬までなので、今年は平成から次の年号への時代の切り替わり時期にふさわしい桜まつりになります。

北上展勝地の

北上川の河畔にある北上展勝地は、珊瑚橋から2キロにわたる桜並木の他にも、展勝地公園内293haに1万本あると言われている、約150種の様々な桜が咲き誇ります。、4月の中頃から5月中旬まで美しさを競います。

 

ここでは、北上展勝地桜まつり2019年の日程やイベントの他駐車場、混雑状況や回避法についてまとめています。

Sponsored Links

北上展勝地桜まつりの詳細

北上川の河畔にある北上展勝地は、珊瑚橋から2キロにわたる桜並木の他にも、展勝地公園内293haに1万本あると言われている、約150種の様々な桜が咲き誇ります

そして、北上展勝地桜まつり期間中の北上川には遊覧船が運行され、その上空を鮮やかな鯉のぼりが泳ぎ、満開の桜並木を観光馬車が走る、なんだか映画の中のワンシーンのような光景で、見ているだけでもどこかにタイプトリップしたような不思議な感覚になりそうです。

また夜になると、美しくライトアップされた桜並木が川面に映し出されるんですよ。

北上展勝地桜まつり2019の日程

  • 2019年4月15日(月)~5月6日(月)

この時期の北上展勝地は、ちょっと曇っていたり風が強いとダウンが必要なくらい、まだまだ寒いので、防寒対策はちょっと大げさなくらいで!

とはいっても、桜はやはり見事すぎます。

北上展勝地のさくらまつりイベント

北上展勝地の桜まつり期間中のイベントは、日にちによって内容も違っているので、約1ヶ月間は様々なイベントを楽しむことができます。

楽しみたいイベントに合わせて、お出かけくださいね!

Sponsored Links

観光馬車

北上展勝地馬車

http://sakura.kitakami-kanko.jp/event/index.html

  • 運行期間:4月15日(月)~5月6日(月)
  • 運行時間:10:00〜16:00
  • 乗り場:SL前・児童公園前
  • 料金:大人(中学生以上)500円、小学生300円、未就学児無料
  • 1時間のお昼休憩(時間不定)あり

観光遊覧船運行(約20分)

  • 運航期間:4月15日(月)〜5月6日(月)(強風、雨天、増水の場合は運休あり)
  • 運航時間:9:00〜17:00
  • 乗り場:レストハウス入り江
  • 料金:大人1,300円、小学生500円、未就学児無料

北上川渡し舟運航(約5分)

  • 運行期間:4月15日〜5月6日(強風、雨天、増水の場合は運休あり)
  • 運行時間:9:00〜16:30(最終日は12:00まで)
  • 乗り場:北上川西岸舟着場・東岸舟着場
  • 料金:大人(中学生以上)350円、小学生200円、未就学児無料

夜桜ライトアップ

ライトアップされた夜桜もとっても綺麗で、夜になる前の青い空と桜や鯉のぼりのコラボもすごく幻想的です。
ただm日中に比べ気温がぐんと下がるのでやっぱりダウンコート必須です!

  • 期間:開花状況に合わせて実施
  • 時間:18:00〜21:00
  • 場所:桜並木

展勝地レストハウス

  • 電話: 0197-64-2110

少し離れた展勝地レストハウスでは、地元でとれる新鮮な野菜や山菜を使った季節料理や手打そば、臼杵つき餅など郷土の味がいただけます。

また、北上周辺の工芸品や食品を中心にお土産の購入もこちらでOK!

裏手から見る、北上川に沈む夕日は絶品なので桜と合わせtこちらも是非鑑賞してみてくださいね!

北上川に鯉のぼりを泳がせる

他にも方かな鬼剣舞など、桜と合わせて楽しめるイベントが沢山です。

北上展勝地の行き方とアクセス

●所在地:岩手県北上市立花10

電車で

  • JR北上駅から展勝地の桜並木の入口まで: 徒歩約15分
  • 桜並木の入口から展勝地レストハウスまで: 徒歩約15

お車の場合の混雑回避ルート

 

北上展勝地まで行くには3つのアクセス方法があるのですが、一番上の珊瑚橋を通る経路は大混雑が予想されます。

  • A地点:北上江釣子インターチェンジ
  • B地点:展勝地

●一番上:国道107号線を珊瑚橋経由で展勝地へ(大混雑NGルート)←NG

●真ん中:北の日高見橋(ひたかみばし)経由で展勝地へ(真ん中のおすすめルート)←OK

●一番下:南の国見橋(くにみばし)経由で展勝地へ(△ルート)←△

北上展勝地の駐車場

展勝地の駐車場:510台(有料300円)

会場散策マップ

駐車場はあるにはあるのですが、北上展勝地までの道路が渋滞。

ということは、展勝地にある駐車場だけでは到底収容できないのです。

最近では、スマホから簡単に予約できる駐車場があります。お出かけする日が来混ていたら事前予約をしておいた方が確実ですが、当日でも空きがあればすぐに確保できるので、便利に利用してくださいね。

●アキッパで検索 ⇒ akippa

●軒下パーキングで検索 ⇒ 軒先パーキング

●B-Timesで検索 ⇒ B-Times

また、混雑回避のために、駅チカのオススメ穴場の駐車場も、上記とダブりますが紹介しておきます。

オススメの穴場駐車場

北上駅東口駐車場(399台)

  • 30分まで無料
  • 3時間まで100円/時
  • 12時間まで500円
  • 24時間まで1000円)

●場所:岩手県北上市川岸1丁目1 川岸1-1-1

北上展勝地の桜まつりの混雑状況

北上展勝地の桜まつりの期間中は、例年、附近は現地まで2キロ程度の渋滞が予想です。

最終日で、GWも終わるし桜もそろそろ散り始めてるから空いているだろうと、油断していたら、なんと1.5キロの距離で2時間半もの渋滞に捕まった方も!

あと約1.5Kmほどのところから、見渡す限りの渋滞の列が見える。
駐車場まで1時間は覚悟したが、甘かった。
途中、有料臨時駐車場料金1000円の看板の誘惑に駆られたが、負けずにまだ影も見えない300円の指定駐車場をめざした。

2時間を経過し、ついに我慢の限界に。

混雑状況

引用:http://jfukazawa.at.webry.info/201504/article_1.html

2019年は10連休で、すでに平成から年号も変わってお祭りムード一色になっていることから、例年以上に混雑することが予想されますね。

特に午後になると混雑するので、午前中に行くことをお薦めします。

車以外での渋滞回避法

車以外で渋滞を回避する方法は2つ!

  1. 北上駅東口駐車場から歩いていく
  2. 渡し船を利用する です。

徒歩の場合は、駅・駐車場からは、徒歩約15~20分掛かります。

渡り舟を使う場合は、北上駅東口方面から乗ることができます。

  • コース:北上川右岸⇔左岸

乗船料 (片道) 乗船時間 約5分

  • 大人(中学生以上):350円
  • 小学生以下:200円
  • 未就学児:無料

この時期は、歩くのにも気持ちの良い季節だし、ちょうどよい距離です。

また普段はなかなか乗ることがない渡し船も、5分なのでお子様が船酔いするほどの時間でもないので、子供連れだったら渡し船利用も楽しそうです。

ただ、こちらも、例年以上に待ち時間が掛かりそうですが。

ツアーに参加してお花見に行く

⇒ クラブツーリズム テーマ旅行

桜の季節にあわせて、どの旅行会社からも趣向を凝らしたお花見ツアーが企画されているのですが、さすがに北上展勝地の桜まつりは、いろんな出発地から沢山の旅行プランが出ていました。

弘前城の桜も、有名で人気のお花見スポットですね。

⇒ クラブツーリズム テーマ旅行

 

まとめ

ここでは、岩手県の北上展勝地桜まつり2019年の日程やイベントの他駐車場、混雑状況や回避法についてまとめています。

●桜まつり:2019年4月15日(月)~5月6日(月)

この北上展勝地桜まつりは混雑するだけあり、桜だけでなくその雰囲気も楽しめます。

個人的に1番気になるのは、満開の桜のトンネルを走る観光馬車からの風景。

ただ流石に岩手です。

GWまで続く桜まつりとは言え、まだまだ気温が低いので、ダウンコート必須でお出かけくださいね!

駐車場がどこも空いてないよ、と云う場合はスマホからの検索予約を便利に使ってくださいね。

●アキッパで検索 ⇒ akippa

●軒下パーキングで検索 ⇒ 軒先パーキング

●B-Timesで検索 ⇒ B-Times

また、お花見の時期には、沢山の旅行会社からツアーも企画されています。

ちょうど時代のうつりかわりにまたがって開催される北上展勝地の桜まつりは、早い時期に行けば平成の卒業式のような感覚に、桜まつりの終わり頃に行けば新しい時代への入学式のような、寂しいようなワクワクするような、いずれにしても特別なお花見になりそうです。

⇒ クラブツーリズム バスツアー

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

人気ブログランキング

Sponsored Links
ピックアップ関連コンテンツ