椿神社(愛媛伊豫豆比古命神社)の初詣2018駐車場と屋台や混雑状況まとめ

おみくじ
椿神社は愛媛県松山市にある、伊豫豆比古命神社(いよずひこのみことじんじゃ)の事で、地元では「お椿さん」と呼ばれ人々に慕われている神社です。

創建2000余年という長い歴史を持つ椿神社は、「縁起開運、商売繁昌」などのご利益のほか、家内安全・無病息災・交通安全・厄除・進学・就職など、人間生活の開運を導く沢山のご利益があり、例年初詣にはたくさんの人で賑わいを見せる神社です。

大晦日から初詣期間中には参道に屋台もならんで、それも楽しみの1つになっています。

ここでは、そんな2018年の椿神社(愛媛伊豫豆比古命神社)の初詣について駐車場や混雑状況とあわせて屋台についても調べてみました。

Sponsored Links

2018年の椿神社(伊豫豆比古命神社)の初詣について

2015.1/1 初詣 息子は顔くしゃくしゃで寝落ち #椿神社

おにぎりさん(@onigiri1314)がシェアした投稿 –

椿神社は大晦日からお正月にかけて、31日の夕方から始まる師走大祓式、そして日付が変わってからの歳旦祭、深夜2時には、若水汲みの神事ヘと続き、一気にお正月気分を盛り上げてくれます。

沢山のご利益のある神社なので、深夜まで驚くほど多くの参拝客で賑わいます。

椿神社の敷地内の参道には沢山の屋台が出て、年越し参りの人々には甘酒も振る舞われるようですよ!

以下に、メインの行事をピックアップしますね。

2017年12月31日

  • 16:00~師走大祓式(おおはらいしき)

2018年1月1日

  • 午前0時~:歳旦祭(さいたんさい)
  • 午前2時:若水汲みの神事(わかみずくみのしんじ)

歳旦祭(さいたんさい)とは

元旦の午前零時に宮司が新年の神事を執り行い、国家安泰や氏子の方々の家内安全や厄年払を祈念する行事です。

若水汲みの神事(わかみずくみのしんじ)とは

元旦の午前2時になると、宮司が鞘淵(さやぶち)へ湧き水を汲みに行き、御神前に奉る神事を行います。

鞘淵(さやぶち)とは、清らかな水の湧き出る泉のことで、昔から水に苦労の多かったこの辺りの地域で、少ない泉を称えたものです。

また、古来より水には清らかな霊力が宿ると言われていて、1年間、御祭神が無事におすごしできる様にとの意味があるもとされています。

伊豫豆比古命神社について

伊豫豆比古命神社(椿神社)は、創建2000余年という長い歴史を持つ神社で、祀られているご祭神は、

  • 伊豫豆比古命(いよずひこのみこと)
  • 伊豫豆比売命(いよずひめのみこと)
  • 伊与主命(いよぬしのみこと)
  • 愛比売命(えひめのみこと)

その中で愛比売命(えひめのみこと)は現在の「愛媛県」の名前に由来する神様です。

椿神社は昔、神社周辺は一面の海であった為、津(海の意)の脇の神社と言われ、「つわき神社」が時間の経過と共に「つばき神社」と訛ったと言われています。

毎年、旧暦の1月7・8・9日には四国随一の大祭と言われている「椿まつり」が行われ、3日間の期間中には県内外から約50万人の参拝者が訪れており、初詣以上に多くのひとが集まる大きなお祭りです。

ちなみに2018年の椿まつりの日程は、2月22日(木)、23日(金)、24日()の3日間です。

行き方・アクセス

公共交通機関で

  • JR松山駅からバスで約5分→松山市駅からバスで約20分→椿前バス停(バス停より徒歩約10分)

お車で

  • 松山インターから車で約6,7分

駐車場について

駐車場は、椿神社を挟んで左右に1箇所ずつ、計2ヶ所あり、各100台ずつ駐車できます。

  • 駐車場:無料(200台)
駐車場
引用:http://www.tubaki.or.jp/

その他付近の駐車場

付近には、有料ですがコインパーキングも点在しています。

ただ、初詣期間中の駐車場はどこも満車状態のようです。

最近は、事前に予約できる駐車場なんかもあり、当日でも空いていればスマホで簡単に予約ができるようで、凄く便利です。

  • 駐車場の事前予約をする ⇒ akippa

屋台について

椿神社の初詣の楽しみの1つに、参道に、大晦日から並ぶ屋台があります!

お参りすること以上に、「何食べようか~」って見てまわる屋台のほうが楽しみだったりするんですよね。

Sponsored Links

椿神社の赤い鳥居をくぐるとすぐに、両サイドに沢山の屋台が並びます。

食べました。らぶ#三重 #神社 #屋台#はしまき#大好き#粉もん#神#椿神社#初詣#happynewyear#today#2016

村上 嘉奈子さん(@kanako_m21)がシェアした投稿 –

混雑状況口コミ

椿神社の初詣は、沢山のご利益があることや、ズラリと並ぶ屋台も魅力の1つで、毎年三が日は多くの人出でにぎわいます。

こちらの晴れ日のボクのがぞうをみるとなんだかひっそりしているように見えますが、全くそんなことはありません。

すでにあたりが暗くなっているので、夕方から夜にかけてのはずですが、人の頭がこんなに沢山!

大勢の人が詰めかけている様子がよくわかります。

初詣も人出が多いですが、旧正月に行われる「椿まつり」も初詣以上に混雑しています。

まとめ

ここでは、2018年の椿神社(愛媛伊豫豆比古命神社)の初詣について、駐車場や混雑状況と合わせて屋台についてもまとめています。

  • 2017年12月31日:16:00 師走大祓式(おおはらいしき)
  • 2018年1月1日:午前0時 歳旦祭、午前2時 若水汲みの神事
  • 駐車場:2ヵ所(無料)

椿神社には200台分の無料駐車場と、付近にもコインパーキングが幾つか点在するのですが、人での多さに比べて全く追いついていません。

スマホから事前に予約できる駐車場なんかもあり、当日でも空いていれば簡単に予約がでますから上手に利用してくださいね。

駐車場の事前予約をする ⇒ akippa

 

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

 

Sponsored Links