長田神社は、神戸市民からは「長田さん」と呼ばれ親しまれている商売繁昌の神様で、兵庫県内では3位という人気スポット神社です。

そんな長田神社の初詣は、長田駅から徒歩5分と交通の便が良いこともあって、毎年70万人もの参拝客で賑わい、また屋台が並ぶこともたのしみの1つです。

ここでは、長田神社の2019年の初詣の参拝時間や混雑状況、また周辺駐車場についてまとめています。

Sponsored Links

長田神社の初詣2019について

開門時間

  • 12月31日:6:00~1月1日21:00(夜通し)
  • 1月2・3日:6:00~21:00

初詣の行事とイベント

●1月1日

  • 初太鼓:0:00~
  • 歳旦祭:2:00~

●1月2日

  • 日供始祭:8:00~

●1月3日

  • 元始祭:8:00~

三が日が過ぎて1月10日には祈願祭も行われますから、初詣は1月10日を狙ってもいいですね!

1月10日の祈願祭

本宮恵美主祭・翁御面掛式・末社蛭子社祭・年頭献饌者繁栄祈願祭

 

長田神社について

  • 住所:兵庫県神戸市長田区長田町3-1-1
  • 電話番号:078-691-0333
  • 営業時間:9:00~17:00
  • ご利益:厄除解除・福徳円満・商売繁昌・開運招福・皇室守護・護国鎮護

長田神社のある場所は、平成7年1月に発生した阪神淡路大震災により甚大な被害を受けた地域です。

震災当日には、近所の被災者の方々の避難所として参集殿が提供されました。

そしてそこでは、1ヶ月の間に150名の方々が居住されたそうです。

当時の地震で、長田神社の御社殿は損壊してしまいましたが、奉賛会やたくさんの氏子また参拝者の方々の支援により、3年の月日をかけて復旧しています。

今ではすっかりいなくなっているようですが、長田神社には神の使いとして、境内に、数百羽の鶏が放たれていたそうです。

なので、海外から訪れた人たちは、長田神社のことをチキンテンプルと呼んでいたそうですよ。

長田神社

長田神社の行き方アクセス

公共交通機関で

  • JR兵庫駅で下車後、市バス4系統で20分ほど
  • バス停:長田神社前で下車後、徒歩すぐ
  • 最地下鉄西神山手線 長田駅から徒歩7分
  • 阪神電気鉄道神戸高速線 高速長田駅から徒歩7分

お車で

阪神高速3号:神戸線湊川出口から国道2号、28号を経由し、一般道を長田駅方面へ車で3kmほど

長田神社の駐車場について

長田神社付近には大型の駐車場がありません。

神社の境内にある駐車場はお正月期間の駐車はできないのでご注意くださいね。

境内駐車場

  • 台数:40台
  • 営業時間:9:00~16:00
  • 1月1~1月5日は駐車不可

長田神社付近の駐車場

長田神社付近には、コインパーキングがいくつかあるのですが、どこも駐車可能台数が少ないです。

最近では、事前に予約できる駐車場なんかもありますから、初詣の日時が決まったら事前予約をしておいたほうが確実です。

また、当日でも空いていればスマホで簡単に予約ができますね。

  • 駐車場の事前予約をする ⇒ akippa

下記の地図ともダブりますが、タイムズ駐車場もスマホからの事前予約が可能になっています。

Sponsored Links

⇒ B-Times

  • 駐車場の事前予約をする ⇒ B-Times

長田神社の屋台について

長田神社の初詣で楽しみなのは屋台!

あまり沢山のお店は出ていなくて、時間もそれほど遅くまで開いてはいないのですが、懐かしいりんご飴なんかは、私も思わず買ってしまいたくなります!

長田神社初詣の混雑状況

初詣に70万人の参拝客!と聞くと、どれだけ混雑しているんだろうとおもってしまったのですが、元旦を外したり、遅い時間の参拝だと、比較的空いているようです。

まとめ

ここでは、神戸の長田神社について、2019年の初詣の参拝時間や混雑状況、また駐車場や屋台についてもまとめています。

初詣には70万人の人が押し寄せるという長田神社ですが、日にちや時間をずらすと以外に空いているようです。

駅チカで交通の便もよく参拝しやすく便利です。

ただ、付近に駐車場は少ないので、お車利用の方は事前予約がおすすめです。

  • 駐車場の事前予約をする ⇒ akippa

もしくは、B-Times

長田神社は、震災の時にお世話になった方々にとっては、命を繋いでくれた大切な神社です。

きっと、頑張って生きていく姿を報告したい場所でもあるし、毎年初詣に行くことによって、生きていること、健康であることを実感できる大切な場所でもあるのかな、って思いました。

神戸の方が親しみを込めて「長田さん」って呼ぶ気持ちが、なんだかよくわかります。

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。


人気ブログランキング

Sponsored Links
ピックアップ関連コンテンツ
コメントを残す