ふたご座流星群2018年の福岡の方向方角とピーク時間は?

12月を代表する流れ星ふたご座流星群が今年も見頃のピークをむかえます。

ふたご座流星群は、三大流星群として1年の最後の空を楽しませてくれる流れ星で、今年2018年は月明かりの心配もなくとっても好条件で観測できそうです。

今年は、火星・土星・木星と、夏に惑星の大接近で空をよく眺めた年でもありました。

そして今の時期は、オリオン座のすぐ下に青白く光るスバルもすごくきれいに輝いていますね。

ここでは、ふたご座流星群の福岡での2018年の見頃のピーク時間や方角方向についてまとめています。2018

Sponsored Links

ふたご座流星群の見ごろのピークは?

2018年のふたご座流星群の極大時間は、

  • 12月14日(金)21:00頃 です。

なので、福岡での見頃のピーク時刻も12月14日(金)21:00頃です。

今年2018年は、12月15日が上弦で月は細く夜には沈みます。

雲がかかっていなければ、20時頃から流星が出現し始め、夜明け前まで出現。

なので、14日の21:00が極大時刻と見頃のピークではあるけれど、前日13日夜も多くの流れ星が出現すると予想されています。

2018年12月福岡の月齢カレンダー

昨年、2017年の観測条件もまずまずでした。

お天気も、日中は曇っていたのですが夜には晴れて、気温もそれほど低くなかったんですよね。

今年2018年も、暖かい夜であってほしいです。

ふたご座流星群を1時間に観測できる個数は?

ふたご座流星群は、三大流星群と言われるほど1時間に流れる星の数が多く観測しやすい流れ星です。

1時間に見える流れ星の個数は、おおよそ40~60個。

多い時には、なんと100個くらいの観測が可能な流れ星で、好条件(真っ暗な場所)であれば

Sponsored Links
  • 1時間に10個程度
  • 5分に1個位の確率 でみることができるとされています。

ただこれが全部肉眼で観測できるわけではなく、どうしても場所によって見える個数は減ってしまうんですけどね。

見える方角や方向は?

ふたご座流星群を福岡で見る方角・方角は基本的に真上!です。

放射線状にあちこちに流れては消える流れ星は、方向・方角を決めてそちらの方向に意識を向けると、見逃してしまうのです。

なので、一方方向しか見ることができないマンションのベランダからだとみえる個数は限られてしまうので、できれはば屋外の全体が見渡せる場所で狙ってみてください。

ただこの季節、長時間じっと外にいると、どんなに暖かくしていても、体が芯から冷えてしまいますし、長時間真上を見るって、思っている以上に首が痛くなってきます。

大げさなくらい暖かい服装で、あまり無理を市内程度が良いのかもしれません。

ふたご座流星群について

ふたご座流星群の記録は皆無に等しく、ほとんどの記録は1900年代(20世紀)に入ってからです。

1990年代にはいってからも、あまり流星数は多くありませんでしたが、1930年~1950年頃に徐々に流星数が増加し、1970年代からは現在の出現数まで上昇してきました。

もともと、流星数の変化は、19世紀以前にはふたご座流星群の元となる流星物質の流れが地球と接していなかったためと考えられていたのですが、母天体が発見され,その母天体(3200)Phaethonの軌道が2223年に再接近するという結果がわかっています。

それを裏付けるように、現在では、明るい流星(火球)も見られるようになり、活発な活動が継続して、多いときには1時間に100小物なgレ星が観測されるまでになりました。

まだまだ、ふたご座流星群に関してはわからないことだらけで、今後長い年月をかけて経年変化を観測することが課題の1つになっている流星群です。

まとめ

ここでは、12月を代表する流れ星「ふたご座流星群」について、福岡での2018年の見頃のピーク時間や方向方角についてまとめています。

●見頃のピークは12月14日(金)21:00頃

方向方角は、真上。

こちらは2016年の双子座流星群のシュミレーション動画です。

天体の動きとともに、こんな風にみえるのか?って知って空を見上げると、見つけやすいかもしれませんね!

 

そして、2019年1月にはしぶんぎ座流星群が見頃のピークをむかえます。

⇒ しぶんぎ座流星群2019福岡見ごろのピーク時間や方角方向とおすすめスポットまとめ

1年の始まりの流れ星、是非とも観測したいものです。

お天気に恵まれますように!

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

 

Sponsored Links