ふたご座流星群2018東京神奈川の方向方角と見頃のピーク時間は?

流れ星03

ふたご座流星群は冬の流星群として、また三大流星群としても楽しみな流れ星の1つで、毎年、クリスマスに近いこの時期の夜空を楽しませてくれます。

昨年2017年に引き続き2018年のふたご座流星群はまずまずの好条件での観測が期待できます。

ここでは、ふたご座流星群の東京神奈川での2018年の見頃のピーク時間や方角方向についてまとめています。

Sponsored Links

ふたご座流星群の見ごろのピークは?

2018年のふたご座流星群の極大時間は、

  • 12月14日(金)21:00頃 です。

ただ、日にちをちょっと前後させて、12月13日(木)およると14日の夜が最大に観測できると予想されています。

昨年、2017年のふたご座流星群の東京神奈川の観測条件は、気温は低かったもののお天気がよく、最高に良かったんですよ。

↓2018年のふたご座流星群ピーク日のお天気。

1時間にみえる個数は?

ふたご座流星群は、三大流星群と言われるほど、1時間に流れる星の数が多く観測しやすい流れ星で、年間通しても出現数は1番!

1時間に見える流れ星の個数は、おおよそ40~60個。

ただこれが全部肉眼で観測できるわけではなく、どうしても場所によって見える個数は減ってしまいます。

多い時には100個くらい流れるので、好条件(真っ暗な場所)であれば

  • 1時間に10個程度
  • 5分に1個位の確率 でみることができるといわれていますから、極大時刻を外すと言っても、とっても楽しみな流れ星ですよ!

月明かりは、あるものの夜半過ぎには沈みますから、街灯のない暗い場所を狙ってみてくださいね。

Sponsored Links

見える方向や方角は?

ふたご座流星群を見る方角・方角は基本的に真上です。

流れ星は、放出点を中心に放射線状にあちこちに流れては消えますから、方向・方角を決めてしまうと見逃してしまうのです。

空が広く見渡せる場所で、真上を見るのが1番の方法なんですが、サスガにこの時期、長時間真上を見るとと、思っている以上に首が痛~くなってきます。

それよりも、体があっという間に冷えてしまいますから、カイロ大作戦で暖かすぎる服装で観測してくださいね。

マンションのベランダなど、見渡せる方向が限られている場所では、観測できる個数が極端に減ってしまいますからできれば空が見渡せる屋外で!

ふたご座流星群について

ふたご座流星群は、1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群と並ぶ三大流星群の1つです。

ふたご座流星群の、19世紀以前の記録は皆無に等しく、ほとんどの記録は1900年代(20世紀)に入ってからです。

1990年代初頭も、あまり流星数は多くありませんでしたが,1930年~1950年頃に徐々に流星数が増加し、1970年代からは現在の出現数まで上昇してきました。

流星数の変化は、19世紀以前にはふたご座流星群の元となる流星物質の流れが地球と接していなかったためと考えられていたのですが、母天体が発見され,その母天体(3200)Phaethonの軌道が2223年に再接近するという結果がわかっています。

それを裏付けるように、現在では、明るい流星(火球)も見られるようになり、活発な活動が継続しています。

まだまだ、ふたご座流星群に関してはわからないことだらけですから、今後長い年月をかけて経年変化を観測することが課題の1つになっているようです。

こちらは2016年の双子座流星群の動きを示すシュミレーショ動画です。

冬空の天体の動きも同時にイメージすることができますよ。

 

まとめ

ここでは、12月を代表する流れ星「ふたご座流星群」について、関東東京での2018年の見頃のピーク時間や方向方角についてまとめています。

●見頃のピークは12月14日(金)21:00頃

●方向方角は、真上 です。

来年2019年年明け早々にはしぶんぎ座流星群も見頃のピークをむかえます。

⇒ しぶんぎ座流星群2019東京・関東の見ごろのピーク時間や方角方向は?

⇒ しぶんぎ座流星群2019横浜・神奈川での見ごろのピーク時間や方角方向は?

2018年の流れ星の振り返り記事は↓コチラ。

 

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

Sponsored Links