季節の行事や出来事 日常 流れ星・月

やぎ座流星群2017の東京関東のピーク時間や方角方向は?

投稿日:2017-07-07 更新日:

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

やぎ座と聞くと、占星術では12月から1月にかけての冬の星座を連想してしまいますが、夏に見られる流星群の1つにやぎ座流星群があります。

やぎ座流星群の数は1時間に3つほど、と他の流れ星に比べて物凄く少ないのですが、スピードがゆっくりしていることと、流れの途中で爆発(火球)する可能性がある流れ星なので、タイミングが良ければとってもわかりやすい流れ星です。

ピカッとした光を感じやすく、観測できれば楽しいかもしれません!

そんな、今年2017年のやぎ座流星群は、とっても良いとはいえませんが観測条件はまずまず。

来年2018年は条件が悪いので、今年を逃すと再来年の2019年までは観測できないかなと思います。

それで、ここでは、東京関東でのやぎ座流星群の見ごろのピーク時間や一番見えやすい方向・方角について調べてみました。

Sponsored Links

やぎ座流星群とは?

やぎ座流星群は、正式には、やぎ座α(アルファ)星を放射点としていることから、やぎ座α(アルファ)流星群と呼ばれています。

母天体はいくつか候補は上がっているものの、まだ解明されていないようです。

やぎ座流星群の特徴は?

やぎ座流星群の特徴は、活動自体は活発ではなく、流れる星も、1時間に3つほどと、他のルウ性に比べるととても少ないです。

流れる速度も、ゆっくりとしているのですが、流れの途中でピカッと、爆発するような火球がよく見られることで有名です。

そして、その火球はマイナス3等星と非常に明るいため、夜空では目立ちやすく、流星というよりも、燃えながら降ってくる隕石を見ているかのような感じがするそうです。

2017年の見ごろの極大日や見頃のピークは?

流れ星の見頃のピーク時間は、極大日や極大時間と、月の大きさや月の出入りとの2つをみてきめていきます。

やぎ座流星群の極大日

2017年にやぎ座流星群が一番活発になる極大日7月31日

極大日とは、その流星が1番多く出現するであろう日なのですが、なんせやぎ座流星群は最大でも1時間に5個みえるかな?という程度の出現率です。

ただこの時期は、2日前くらいに極大を迎えたみずがめ座δ(デルタ)流星群があり、まだまだこの流星の流れも期待できます。

ゆっくりピカッと光ればやぎ座流星群、あっという間に気のせいかしら?とすばやく流れていけばみずがめ座流星群です。

極大日がわかったところで、月齢=月の大きさを明るさをチェックしていきます。

Sponsored Links

見頃のピーク時間は?

201707月齢03

http://www.japandix.jp/topics/koyomi/004/

やぎ座流星群の極大日7月31日(月曜日)を、月のカレンダーで見ると、月齢7.7の上弦です。

ちょうど満月の半分の大きさです。

この月の大きさだけを見ると、観測条件はあまりよくありません。

大きな月が夜の間中、空を照らしていると、さすがに流れ星の観測は難しいのですが、月が沈んで見えなくなれば問題なしです。

なので月が沈む時間をチェックしてみます。

  • 2017年7月31日の月入り:23:39

次に、翌朝の日の出の時刻をチェックします。

  • 2017年8月1日の日の出:4:49

こうやって見頃のピークを見つけていくと、

山羊座流星群の2017年の、東京を含む関東でのピーク時間は

7月31日23:39~8月1日4:49までということになりますね。

実際には、月あかりが完全になくなる8月1日の0時頃から、明け方4:30頃までがピーク時間になりそうです。

ちなみに、お住いの地域によって、月の出入りも、太陽の出入りも時間は違っいますよ。

詳しい月の出入り時刻はこちらでチェックしてくださいね。⇒ 各地の月の出入り時刻

どの方向方角を見ればいい?

やぎ座流星群をを観測する方向や方角は、どこでもOKというか真上です。

「どこでもOK」というとかなり語弊があるのですが、これは、やぎ座流星群だけではなく、流星群は、月や火星といった天体ショーとは違い、夜空を駆け回るかのように、四方八方から流れては消えていきます。

なので、ある方角に集中してしまうと、逆に観測できる数が少なくなってしまう場合があるのです。

ただでさえ、この山羊座流星群の出現は1時間に3個程度です。

なので、一方方向の空しか見渡すことが出来ないベランダからだと、見逃してしまう確率が大です。

まとめ

ここでは、2017年の山羊座流星郡について、関東地方・東京での見頃のピーク時間や方向・方角についてしらべてみました。

見頃のピークは

  • 8月1日の0時頃から、明け方4:30頃まで
  • 方向方角はなし、というか真上

実際には、山羊座流星群なのか、2日前に極大を迎えるみずがめ座流星群なのか、見分けはつきにくいと思います。

  • 「ピカッ」と光ったら山羊座流星群、
  • 「シュッ」と、今何か光った?と思ったらみずがめ座流星群 です。

今年は、8月のペルセウス流星群の観測条件が、残念ながらあまり良くないんですよね。

人気ブログランキングにも参加しています。 応援いただけると嬉しいです。

Sponsored Links

-季節の行事や出来事, 日常, 流れ星・月

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です