やぎ座と聞くと、占星術では12月から1月にかけての冬の星座を連想してしまいますが、夏に見られる流星群の1つにやぎ座流星群があります。

そして、2019年の山羊座流星群は東京関東でも観測条件はかなり良いんです!

やぎ座流星群の数は1時間に3つほど、と他の流れ星に比べて物凄く少ないのですが、スピードがゆっくりしていることと、流れの途中で爆発(火球)する可能性がある流れ星なので、タイミングが良ければとってもわかりやすい流れ星なんです。

ピカッとした光を感じやすく、比較的観測もしやすいです。

昨年は月明かりの関係上、条件が悪かったために2年ぶりの山羊座流星群。

一足先に見頃のピークを迎えている水瓶座流星群と併せtえ観測できそうですよ!

なのでここでは、東京関東でのやぎ座流星群の見ごろのピーク時間や一番見えやすい方向方角について調べてみました。

Sponsored Links

やぎ座流星群とは?

やぎ座流星群は、正式には、やぎ座α(アルファ)星を放射点としていることから、やぎ座α(アルファ)流星群と呼ばれています。

母天体はいくつか候補は上がっているものの、まだ解明されていません。

やぎ座流星群の特徴について

やぎ座流星群の特徴は、活動自体は活発ではなく、流れる星も、1時間に3つほどと、他の流星に比べるととても少ないです。

ただ、流れる速度がゆっくりとしていて、流れの途中でピカッと、爆発するような火球がよく見られることで有名です。

そして、その火球はマイナス3等星と非常に明るいため、夜空では目立ちやすく、流星というよりも、燃えながら降ってくる隕石を見ているかのような感じがするそうです。

東京関東での山羊座流星群の2019年の見ごろの極大日やピークは?

東京関東での山羊座流星群の見頃のピーク
  • 7月31日:22:30 ~8月81日:4:48(日の出)←見頃のピーク
  • 8月1日:22:30 ~ 8月2日:4:49(日の出)←見頃のピーク
  • 8月2日:22:30 ~ 8月3日:4:50(日の出)←見頃のピーク

流れ星の見頃のピーク時間は、極大日や極大時間と、月の大きさや月の出入りとの2つをみてきめていきます。

東京関東でのやぎ座流星群の極大日

2019年にやぎ座流星群が一番活発になる極大日7月31日

極大日とは、その流星が1番多く出現するであろう日なのですが、なんせやぎ座流星群は最大でも1時間に5個みえるかな?という程度の出現率です。

ただこの時期は、2日前くらいに極大を迎えたみずがめ座δ(デルタ)流星群もありますから、ゆっくりピカッと光ればやぎ座流星群、あっという間に気のせいかしら?とすばやく流れていけばみずがめ座流星群です。

極大日がわかったところで、月齢=月の大きさを明るさをチェックしていきます。

月の大きさをチェック!

やぎ座流星群の極大日7月31日を、月のカレンダーで見ると、月齢28.3で、とっても細い三日月です。

8月1日のお昼12:13分が真っ暗な新月で、その後かrあ月は膨らんでいくのですが、それでもまだまだ極細の三日月。

これだったら、月明かりをほとんど気にすることはありません。

Sponsored Links

そうは言っても、出現個数が少ない流れ星ですから月が出ている時間もチェックしていきます。

2019年7月31日前後のの東京の月入り(月が沈む)時刻と日の出の時刻

 

  • 7月31日:18:09 (月入り) ~8月81日:4:48(日の出)←見頃のピーク
  • 8月1日:19:01 (月入り) ~ 8月2日:4:49(日の出)←見頃のピーク
  • 8月2日:19:48 (月入り) ~ 8月3日:4:50(日の出)←見頃のピーク
  • 8月3日:20:29 (月入り) ~ 8月4日:4:51(日の出)

●参考⇒ 各地のこよみ

18:00とか19:00代は月は沈んでいても外は太陽光に照らされてまだまだ明るい時間だし、街明かりも沢山です。

なので見頃のピーク時間はもうちょっと暗くなってからの22:30以降くらい。

東京関東での山羊座流星群の見頃のピーク
  • 7月31日:22:30 ~8月81日:4:48(日の出)←見頃のピーク
  • 8月1日:22:30 ~ 8月2日:4:49(日の出)←見頃のピーク
  • 8月2日:22:30 ~ 8月3日:4:50(日の出)←見頃のピーク

東京関東で山羊座流星群を見る方向方角は?

やぎ座流星群をを観測する方向や方角は、真上です。

流れ星は、夜空を駆け回るかのように、四方八方から流れては消えていきます。

なので、ある方角に集中してしまうと、逆に観測できる数が少なくなってしまう可能性があるのです。

ただでさえ、この山羊座流星群の出現は1時間に3個程度です。

なので、一方方向の空しか見渡すことが出来ないベランダからだと、見逃してしまう確率が大です。

立ったっま真上を見続けるのはかなり首が痛くなって大変なので、寝転がって見ることができればベストですが、公園のベンチに寝転がる、っていうのはちょっと危険かも。

寝転がることはできないけど、街灯が少なく広々としたスペースの神社の敷地なんかはおすすめのスポットです。

また最近では、子供用の望遠鏡でも値段が安い割には高性能のものがズラリ。

しかも、スマホ対応なんですよ!

大人の方が夢中になりそうだけど、家族みんなで流れ星を観測した令和元年の夏休みの思い出は、ずっと心に残る大切な出来事として心に刻むことができますね。

⇒ アマゾンで購入

⇒ Yahooショッピング

まとめ

ここでは、2019年の東京関東での山羊座流星群れについて見頃のピーク時間や方向方角についてしらべてみました。

見頃のピークは、

東京関東での山羊座流星群の見頃のピーク
  • 7月31日:22:30 ~8月81日:4:48(日の出)←見頃のピーク
  • 8月1日:22:30 ~ 8月2日:4:49(日の出)←見頃のピーク
  • 8月2日:22:30 ~ 8月3日:4:50(日の出)←見頃のピーク

方向方角は真上。

実際には、山羊座流星群なのか、2日前に極大を迎えたみずがめ座流星群なのか、見分けはつきにくいと思います。

  • 「ピカッ」と光ったら山羊座流星群、
  • 「シュッ」と、今何か光った?と思ったらみずがめ座流星群 です。

今年は、8月のペルセウス流星群の観測条件が、残念ながらあまり良くないので、お天気に恵まれるといいな、って思っています。

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。


人気ブログランキング

Sponsored Links
ピックアップ関連コンテンツ