ペルセウス流星群2017東京関東の見ごろの日にちとピーク時間は?方角方向も調査!

2017-08-13

流星群01ペルセウス座流星群といえば、夏の流れ星の代表的な流れ星で、昨年2016年は、条件的にはものすごくよかったのですが、あいにく関東地方はお天気が悪く雲がかかって観測が難しかったようです。

私の住む福岡はピッカピカの晴天だったので、きれいな流れ星が肉眼で、しかもそれほど暗い場所でなくてもはっきり見えるほどでした!

ペルセウス座流星群三大流星群の1つで、毎年たくさんの流星がほぼ確実に出現するために、条件が整えばとても観測しやすいのです。

ただ残念なことに、今年2017年は当日のお天気の良し悪しとは関係なく条件があまり良くありません。

そうは言っても、見頃のピークは気になりますし、条件はそれほど整っていなくても力強く発光する流れ星ですからタイミング良ければ観ることは可能です。

なので、ここでは、2017年のペルセウス流星群を東京を初め関東地方での見頃のピーク時間や方向方角について調べてみました。

ペルセウス座流星群とは?

ペルセウス座流星群の母天体はスイフト・タットル彗星で、ペルセウス座γ星付近を放射点として出現する流星群です。

正式名称は、ペルセウス座γ流星群(ペルセウス座ガンマ流星群)と呼ばれています。

西暦36年には、1時間に100個以上もの流星が出現したとも言われています。流星群の中でも特にパワフルで、火球が速く明るいために、流れ星と併せて流星痕を見ることもできるのです。

また、肉眼での観察が可能な流れ星で、うす曇りの天気であっても観測ができるという、観測する側からすると、とても嬉しい流星群です。

毎年、7月20日頃から8月20日頃にかけて出現し、8月13日前後に最大の見ごろを向かえますから、気持ちの余裕がある時には夜空を見上げると、あれって流れ星?みたいなサプライズを受け取れるかもしれません。

ちょうど7月末~8月初旬ごろまでは、水瓶座流星群や山羊座流星群もピーク日時をむかえていますから是非!

2017年の見ごろの日にちはいつごろ?

まず、流れ星の活動で、ピーク日時を決めていく時、観察場所や月の条件などは考慮せず、流星群自体の活動が最も活発になること、またはその時期を極大(きょくだい)というのですがその日を調べます。

例年、ペルセウス座流星群の極大時期は毎年8月12日から13日ごろとされているので、2017年を探っていくと、

2017年は8月12日(土)の夜22:00以降くらいから13日(日曜日)の明け方くらいまでです。

また、その前後も多くの流星が出現すると考えられます。

  • 11日の夜半から12日明け方にかけて
  • 13日の夜半から14日にかけて 

実は、ペルセウス座流星群の全活動期間は長くて、7月17日頃から8月24日頃まで続くと考えられているので、今年は条件の悪い極大日を外したほうが良さそうです。

ただし、出現する流星の数は、極大日から日が離れるほど少なくなりますから、8月7日頃から15日頃までが、多くの流星を見ることができる時期と考えてよさそうです。

Youtubeに、昨年ペルセウス座流星群がしっかり見える動画がUPしてありました。

ペルセウス流星群はこんな風にはっきり見えます!

ピークの時間帯は?

ペルセウス座流星群の動きが活発な極大日時は8月12日の夜の22:00頃です。

ただ、外が暗くなってからの夜半から未明までの間に観察するのがよいです。

流星群自体の活動が安定していれば、流星群の放射点(中心点)は高度が高いほど多くの流星が出現することになりますから、見える確率は高まります。

ペルセウス座流星群の、時間帯ごとの出現状況は、おおよそ下記のようになります。

●21時前 2017年はこの時間帯じゃないと観測は難しそうです。

放射点がまだ地平線近くの低い位置にあるため、流星はあまり出現しない時間帯なのですが、2017年は月明かりの関係でこの時間帯じゃないと難しそうです。

●21時過ぎから夜半まで 2017年はNG時間帯

放射点の高度が徐々に上がり、流星が出現し始めます。

●夜半から未明まで 2017年はNG時間帯

放射点の高度は高くなり続け、未明に最も高くなります。

今年2017年は21:00前の月が出る前じゃないと月明かりに負けてしまいます。

月の大きさと出入り時間をチェック!

月齢カレンダー8月
http://www.arachne.jp/onlinecalendar/mangetsu/2017/8/

今年2017年のペルセウス流星群を観測する条件が良くないことの大きな理由が月の大きさです。

2017年の極大日時は8月12日の夜の22:00頃なのですが、月の大きさを表す月齢カレンダーをみると、満月にひにちが近く月が大きいのです。

続いて、東京(関東)の月の出入り時刻を見てみると、

  • 2017/08/10:20:11(出) → 7:00(入)
  • 2017/08/11:20:45(出) → 8:01(入)
  • 2017/08/12:21:20(出) → 9:03(入)
  • 2017/08/13:21:57(出) →10:05(入)
  • 2017/08/14:22:35(出) →11:09(入)

と、ほぼ夜の時間帯いっぱい月が出ていて、空が明るい状態なのです。

なので、日が落ちて暗くなってすぐの時間帯から月が出るまでの時間が流れ星を観測するピーク時間ということになるのですが、寄りの早い時間だと街灯や車の明かりなど以外に明るいんですよね。

ちなみにお住まいの場所によって月が沈む時間は若干変わってきます。

⇒ 各地の月の出入り時刻

方角方向は?

本来、流れ星を見る方向・方角は真上です。

というのは、流がれ星は、月や火星とは違い、夜空を駆け回るかのように、四方八方から流れては消えていくからです。

なので、一方方向しか見えないようなマンションのベランダとかの場合は観測できる数が少なくなってしまう場合があるのです。

ちなみにこれから先、来年以降のペルセウス流星群の観測条件は、今年よりも来年のほうがよく、それ以降は2021年までは観測条件が悪い年が続きます。

今年お天気が悪けれは来年に期待して、それでもダメだたらちょっと先になりますが2021年になります。

4年後の2021年のペルセウス流星群を、あなたはどこで誰と見るのでしょうね☆

  • 2017年:悪い ←今年
  • 2018年:良い
  • 2019年:悪い
  • 2020年:悪い
  • 2021年:最良

まとめと感想

今年2017年のペルセウス流星群の見頃のピーク日時は、

  • 8月11日(山の日)は、日暮れから20:45分まで
  • 8月12日(金曜日)は、日暮れから21:20分まで
  • 8月13日(土曜日)は、日暮れから21:57分まで

見る方向は、真上です!

ここでは、2017年のペルセウス流星群を関東・東京で見るための見頃のピーク時間や方向方角についてまとめてみました。

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

Sponsored Links