愛知県にある津島神社は、全国に3000社ほどあるスサノオノミコトを祀る全国天王社の総本社として知られています。

また、大晦日から1月6日までの期間には、1591年に作られた国の重要文化財である楼門にライトアップされ、格式の高い津島神社の初詣には、全国各地から厄除けのご利益のために、毎年23万5000人ほどの参拝客が訪れます。

厄除けにちなんだ行事も行われており、旧暦2月1日に行われる門扉祭りなどがあるようです~

ここでは2018年の津島神社(愛知県)の初詣の混雑や口コミについて、また茅の輪くぐりについてもまとめました。

Sponsored Links

津島神社(愛知県)の初詣2019について

熱田神宮初詣スケジュール

  • 1日: 歳旦祭(午前6時)
  • 2日: 交通安全祈願祭(午前11時)
  • 3日: 元始祭(午前9時)
  • 4日 魂社例祭(午前9時・茅の輪くぐり7日迄)

さらに、津島神社では例年、大晦日から初詣期間に楼門のライトアップが行われます。

すごく幻想的で、クリスマスのイルミネーションとは、また違った良さがあっておすすめです!

茅の輪くぐり

津島神社2

引用:https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000160834/

悪疫退除を祈願した後、新しい一年の無病息災・家内安全・・除災招福を祈り、神前に備え付けられた茅の輪をくぐります。

御守りやおさがりの授与もります。

  • 日程:2019年1月4~7日

茅の輪くぐり(ちのわくぐり)とは?

くぐり方

引用:http://www.shinmeisya.or.jp/html/tinowa01.html

茅の輪くぐり(ちのわくぐり)とは、チガヤという草で編んだ輪のことで、神社の境内に作られた大きな茅の輪の中を「水無月の夏越の祓する人は、千歳(ちとせ)の命延(の)ぶというなり」と唱えながら、8の字を書くように3度くぐり抜けます。

茅の輪をくぐることで、病気や災いを免れることができるとされています

「茅の輪くぐり」は日本神話に基づいていると言われているのですが、この8の字の模様ってレムニスゲートと呼ばれる無限大のマークですよね。

その日本神話とは、昔、ある兄弟のところに、一人の旅人が現れて一夜の宿を乞います。

裕福な兄は旅人を冷たく断るのですが、貧しいながらも弟の蘇民将来(そみんしょうらい)は栗ごはんを炊いて温かく旅人をもてなしました。

数年たったある日、旅人が恩返しにと再び蘇民を訪れるのですが、実はこの旅人はスサノオノミコトだったのです。

そしてその旅人(スサノオノミコト)の教えに従って、茅の輪を腰に付けたところ、疫病から逃れ、子々孫々まで繁栄したという神話です。

このことに基づき、家の玄関に「蘇民将来札」という札を貼って、厄除けにするという風習も残っているようです。

引用:夏越ごはんとは?日にちや由来とやよい軒のメニューと値段も調査!

きのえね祭り

一年の商売繁盛・家業繁栄を祈願し、祈祷者は祈祷後福籤により記念品をいただけます。

  • 日程:2019年1月10日
  • 時間:9~16時

授与所開放

厄除祈願と末社の菅原社の学業成就、稲田社の良縁祈願、八柱社の子授安産祈願などのお守りを買うことが出来ます。

  • 日程:12月31日~1月6日
  • 時間:8~18時

津島神社(愛知県)について

  • 住所:愛知県津島市神明町
  • 営業時間:終日開放
  • 料金:無料
  • 問い合わせ先:0567-26-3216 (津島神社
  • 例年の人出数:約235,000人
  • ご利益:疫病・厄難除け・医療・殖産興業、授福

津島神社の行き方アクセス

Sponsored Links

公共交通機関で

  • 名鉄津島駅で下車し、徒歩15分

お車で

  • 東名阪道弥富ICから国道155号経由10km15分

駐車場について

  • 津島神社に100台(無料)+初詣期間のみの臨時駐車場1000台

臨時駐車場

年末年始は近隣小学校・天王川公園などが臨時駐車場として開放され、湯島神社内100台の駐車場のほか、約1000台停められるようになります。

駐車場が満車・・・ということはなさそうですが、駐車場待ちの車で渋滞します。

あまり時間がかかりそうだったら、お金はかかりますが少し離れた場所のコインパーキングに車を止めて歩いていったほうがい良さそうです。

●アキッパで予約 ⇒ akippa

●軒下パーキングで予約 ⇒ 軒先パーキング

●B-Timesで予約 ⇒ B-Times

津島神社初詣の混雑状況と口コミ

初詣の混雑時間は

  • 12月31日:23時~
  • 1月1日:0~1時と10~15時
  • 1月2・3・4日:10~15時 混雑時間をずらしての参拝をおすすめします!

車で初詣に行ってきました。駐車場として、付近の小学校、保健センターを開放しているからか、十分駐車スペースもあり、楽に初詣できました。ただ、お参りするには、長い列ができておりますので、それすら嫌な方は、正月3が日は外して行く必要があります。

引用:トリップアドバイザー

元旦の混雑はこんな感じです!!!

やはり31~1日が一番混雑するようですね。

臨時駐車場も完備されていますが、混雑時には渋滞・駐車場待ちがでるようですので時間を少しズラすといいかもしれませんね!

まとめ

ここでは2019年の津島神社(愛知県)の初詣の混雑や口コミと茅の輪くぐりについてもまとめました。

初詣の混雑時間は

  • 12月31日:23時~
  • 1月1日:0~1時と10~15時
  • 1月2・3・4日:10~15時

駐車場に関しては、津島神社の100台の駐車場の他に、臨時駐車場1000台分が設けられますが、駐車場までが渋滞します。

渋滞にイライラしたり待ち時間が気になる方は、ちょっと離れた場所に駐車場を事前予約して歩いたほうが気持ちよさそうです。

●アキッパで予約 ⇒ akippa

●軒下パーキングで予約 ⇒ 軒先パーキング

●B-Timesで予約 ⇒ B-Times

初詣ツアーに参加する

2019年の初詣は平成最後と謳って、色んな旅行会社から例年とは違った三社参りツアーなども沢山企画されています。

ギリギリまで申込み可能なものや、日帰りの三社参りコースなんかもあり、心置きなくお神酒なんかをいただける初詣も、ステキな思い出になりそうです。

⇒ クラブツーリズム テーマ旅行

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。


人気ブログランキング

Sponsored Links
ピックアップ関連コンテンツ
コメントを残す